フラワー

伐採はプロに任せよう|ネットで簡単に業者を見つける

自分で草を処理する方法

草むしりする人

自宅の庭に生えた雑草は定期的に処理をしないと、家の外観が悪くなってしまいます。それだけではなく、雑草は他の草花の栄養を吸収するので、花を植えてもうまく成長しない場合があります。自宅の庭程の広さの草刈なら、要領を覚えれば初心者でも簡単に処理することができます。自宅の草刈りを行う際、使用する草刈道具には様々な種類があります。程よいパワーバランスで草刈りができる電動刈払機や、広い庭でも楽に草刈りができるエンジン式の刈払機などです。また、草刈りに慣れている人は鎌だけでも綺麗に庭を整えることができます。さらに、刈った後の草や落ち葉などを引き飛ばす道具やコンクリート付近に生えている草を刈るナイフ型の雑草取りを使用すると、より綺麗に草刈りができます。

刈払機を使って草刈りを行なう場合、効率よく草を取り除く方法があります。まず、草を刈るときは基本的に刃を右から左へと動かしながら作業を行ないますが、右側に動かした刃を左に戻す際、草を刈らないように意識しましょう。刃の回転が逆向きになってしまうので、この時点で草を刈ろうとしてもうまくできないのです。この動きを連続させることで無駄な労力をかけることなく草刈りが完了します。また、作業が終わった後にもう一度草が生えてこないように防草シートを設置するのも良いでしょう。防草シートは一般的に黒色の商品が販売されていて、日光を草に当てないことで成長を阻害する効果があります。草刈り後に設置すると、草の成長が遅れるので面倒な作業から解放されるでしょう。