フラワー

伐採はプロに任せよう|ネットで簡単に業者を見つける

見積もりを依頼しよう

作業員

庭の木を綺麗な状態に保つためにはしっかりと剪定をするべきですが、初めて剪定をするとなると何から手を付ければ良いのかわからないはずです。そもそも剪定は木の成長を促し、より綺麗な花を咲かせるために行なうものです。さらに、剪定で木の形を整えると木に寄生する病害虫の侵入を防いだり、風で枝が折れるなどの被害を予防することに繫がります。このように木の剪定には重要な役割がありますが、剪定する時期には十分に気を使う必要があります。基本的に常緑樹などは6月頃と10月頃に剪定するのが良いと言われていて、落葉樹は葉が落ち始める11月から3月にかけて処理を行なうべきです。しかし、花の鑑賞が目的で木を植えている場合は、花の芽が作られる時期などに意識して剪定を行ないましょう。

剪定をする際、プロのスタッフに任せると失敗なく作業が完了しますが、依頼をする上で心配なことが費用です。特に初めて剪定を依頼するとなると莫大な費用が発生するのではないかと不安を感じる人もいるでしょう。一般的に、剪定にかかる費用は木の高さと種類、作業工賃を掛けあわせた料金となりますが、それぞれ細かい内訳があります。例えば、木の種類では難易度によって作業にかかる手間が変わるので、事前に自分の庭の木の種類を確認しておきましょう。難易度が高いとその分費用も上がり、逆に低いと料金も安くなります。また、作業工賃は剪定開始から後処理にかかる費用のことで、業者によっては一律料金を設定している場合があります。詳しい費用を知るためにも、まずは無料見積りを依頼しましょう。